人気芸人が絶賛!? シロカのちょい鍋 リアルな口コミと特徴をリサーチ

皆さんは、シロカのちょい鍋って知っていますか?

2019年の年末、アメトーークの番組で電気製品を愛してやまない芸人が「自分がこれは
イチ押し」のものをピックアップし”良さ”を伝える人気番組です。

そこで、おりょうりケトル シロカの(siroca)のちょい鍋が紹介されたんです。

ちょっとした飲みものも、お料理も、すぐ使えて・便利なシロカ(siroca)
ちょい鍋ケトル(^^♪

シロカ(siroca)っていう日本の会社が販売しているケトル型の鍋になります。

私もなんなしか口コミで「いいな~」と思っていた矢先に番組で紹介されたので、詳しく
調べてみたいと思います。

まずは、”おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋”がほんと!?人気があるのか
口コミ購入者の評判を探っていこうと思います(^^)/

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 リアル口コミ・評価は?

アメトーークの番組で、家電芸人で紹介されたぐらいなので、人気があるとは思いますが
実際どうなのか?口コミ・評価をみていきます(^^♪

口コミのコメントは、シロカのHP上からではなく、極力、客観的な意見がわかるサイト
から一部引用します。そーじゃないと、ホントにいいのか悪いのかわかりませんよね(>_<)

ではでは、まずは、高評価の口コミ・評価からみていきたいと思います。

こんなの欲しかった。
プロパンガスの我が家、ガス代が高い、電気で調理できる家電が欲しかった。簡単な料理、より簡単に料理ができる。ある意味レパートリーが増えたかも。
購入して良かった。
購入して良かったです。一人暮らしする子供に買いました。シンプルなデザインで、大きすぎず使いやすいです。
ケトルの中にお味噌汁やスープ、シチューなどの汁ものを入れておいたり、レトルトなどを入れておけば安全に温かいご飯を食べさせてあげることが出来ます。小さいお子さんをお持ちの方は最適!!
保温も出来て温度調節も出来る、お湯を沸かす以外に調理も出来るなど多目的で使える事で購入を決めました!
(鍋もの等の調理、酒の燗などにも使ってます)
使用後の手入れもすごく楽でした!!
温度が調節できるので作りきってからは低い温度で温め続けて長い時間でも焦げたり固まったりすることなく楽しめました。テーブルの上におけるのでチーズフォンデュ、チョコレートフォンデュのようにつけたいものを皿に並べたい料理でも問題なく楽しめます。

その他の口コミは。。。

  • 一人分の鍋に最適です。温度調節が出来るのでお料理もしやすい。
  • 一人分を簡単に料理でき後かたずけも楽でした。
  • 小腹がすいた時に何か作る時にも使えますし、洗い物が一つになって便利
  • 火を使わずに電気での温めなども安全性が高くて気に入りました。
  • ケトルとしての使い方以外にも、工夫次第で様々な使い方ができます。
    デザインもいい感じです。

次は、うん?どう?と言う低評価の口コミ・評価をみていきましょう。

「切り忘れ防止」の記載から、これは「普通のお鍋と同じ」ではなく、60分たつと電源が勝手に切れ、長時間の調理は行えないと思います。
ラーメンを完食してから、コーヒーが飲みたくて水を沸かせようとしたらすぐに使えず5分程度待って鍋温度を下げてから使いました。
シチュー、カレーに主に使ってましたが
事あるごとに(なくても)ピー音が何かうるさい。
コーティングが剥げて来た事です。たまたま自分の買った製品だけなのかもしれませんが…
しばらく使ってみてコーティング剥がれが進行するようならメーカーに相談してみようと思います。
鍋部分と本体部分の接続が画像では一体感があって、スタイリッシュに見えるが、実物は、ただ乗せただけで鍋部分が浮き気味。

その他のコメントは。。。

  • メモリの汚れが洗いにくい。
  • 地味に蓋の留め具部分が洗いにくいです。
  • 本体とコードのジョイントが外れやすいです。
  • 思ったより重い
  • 蓋のロックを解除していても、蓋側のツメはスプリングで押し付けられています。そのため蓋を外す際に力が必要。

口コミ・評価のコメントをまとめてみると、

高い評価「一人暮らしや二人暮らしにちょうど最適」
「お鍋やチーズフォンデュなどレシピが増えそう」「火を使わないお子さんに最適」
「お料理のレパートリーが増えた」など、活用方法によっては非常に利用できる
ちょい鍋だということがわかりました(^^♪

おいしいそうなレシピを下で紹介しています(^^♪ ぜひ 見てみてください。

低い評価の口コミで多いのが、「60分経つと切れ忘れ防止機能で電源が切れる」
という内容、難しい話しですが、安全機能の一つなので、口コミにあるように
5分ほど経過してからスイッチを入れな直すことがいいかもしれません(^^♪

なんせ一人二人での利用を目的にしているので、なかなか長時間を想定されて
いないかもしれません。

後、洗いにくいところ、またコーティングが剥がれたというコメントがあったので、
リサーチしてみると、”お手入れ方法”がアップされていたのでご紹介します。

参考してください(^^♪

※画像がぼやけて見づらい方は画像をクリック拡大できます($・・)/~~~

更に鍋浮き気味なのは、どのケトルでも空の状態であればそんなものです(^^♪
あまり気にならない方がいいかも。。。

そんな中でも何かおかしいと思う方は、もちろん1年間保証がついているので、
問い合わせしてみてください。口コミにもありましたが、親切な対応のようです(*^_^*)

次は、おりょうりケトル シロカの(siroca)ちょい鍋のポイントとなる特徴をご紹介

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 気になる特徴はどこ?

前述では口コミ・評価のコメントがわかりましたが、特徴となるポイントが何か調べて
みました。

特徴その1 丸洗いできるので、いつでも清潔!! 片付け簡単

ケトルとヒーター部を分離でき、丸洗いが可能!
今までは洗えなかった気になる汚れも簡単に洗うことができます。
いつでも清潔にケトルを使用することができます。嬉しいですよね(^^♪

特徴その2 お好みの温度で湯わかし、料理が可能

おりょうりケトル シロカの(siroca)ちょい鍋は40~100度まで温度調整が可能です。
目的・シーンに合わせて、温度を調整することで、好みの温度でお湯やお料理をすること
ができる。

特徴その3 安全機能を充実し誰にでも使えるをコンセプト

「ロック付きの蓋」や「マグネットプラグ」、「空焚きや切り忘れ防止」などの安全機能も
充実、誰もが毎日使ってもらえるための十分配慮されています。

特徴その4 人に見せたくなるデザイン

リビング・ダイニングでそのまま使えるスタイリッシュなフォルムが好評のようです。

ずっと使える、使い続けたくなものだからデザインにもこだわりがあるようです。
シンプルでスタイリッシュな形を目指し設計されています。

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 性能は?付属品はついてる?

今度は性能、スペックはどうなのか?調べて、簡単にまとめてみました。

性能(スペック)
電圧 AC100V
消費電力 1200W
容量 1リットル
本体重量 1.8㎏
コード長さ 1.3m
サイズ 幅28.2cm×奥行18.2cm×高さ18.3cm

上の性能からすると、同社の電気ケトル0.8ℓ仕様とあまり変わりません。
電気代と考えると、1200Wを1時間(電力単価27円)とした場合、32.4円です。

単純に20日使用たとしても648円と経済的ですね(*^_^*)

後、付属品ですが、何がついてくるかと言うと、、、

残念ながら特に注目するものはありません”はじめてガイド” ”専用の蓋”
ぐらいでしょうか。。。(>_<)

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 お料理レシピを大公開

SnapDish(スナップディッシュ)
1000万皿以上の料理とレシピが大集合した、料理投稿No.1料理カメラアプリから
紹介します。

気になるお料理があれば写真をクリックすると、「レシピのを見る」ボタンがあるので
そこを更にクリックすれば、詳細がみれますよ(^^♪

★もやしえびワンタン鍋


★鶏チャーシュー


★バーニャカウダで、野菜しゃぶしゃぶ


★ほろっほろ柔らかジューシー鶏手羽元 クッパ風


その他にも、調べてみると、定番のチーズフォンデュや蒸し餃子、シュウマイ、
熱燗の保温にと工夫次第では、色々な使い方、お料理のレシピが沢山あり、様々なお料理
に使用されている方がわかりました。購入した皆さんは大活躍中のようです(^^♪

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 調べてみた結果使える?購入の検討先は?

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 調べてみた結果(‘Д’)

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋の口コミや特徴、性能、活用できるレシピ、
をご紹介しましたが、、、

総合的にみて使用、購入はおすすめできる商品の一つでしょう(*^_^*)

ご紹介した活用方法の他にも工夫次第では様々に使用でき、安全面もイチ押しかと
思います。

おりょうりケトル シロカ(siroca)ちょい鍋 購入の検討先は?

大手ECサイト 楽天・アマゾン・ヤフーショッピングで購入可能です。

最安値を調べると楽天がベターでしょう(*^_^*)

ちなみにアマゾン。ヤフーショッピングはこちら。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする