【期間限定】楽天市場 松屋新牛めしの具 激安 送料無料

松屋のおいしい牛丼が期間限定ではありますが、激安情報です。
非常にお得で、ポイントキャンペーンを併用するとさらにお得になります。

<松屋新牛めしの具(プレミアム仕様)とは?>
皆さんご存知、牛丼屋でお馴染み、あの松屋の牛めしの具です。
実は松屋の牛丼は、「牛めし」と「プレミアム牛めし」の2種類のメニュー
があります。

私は関西在中なので、プレミアム牛めしは食べたことないですが、関東地区
には存在している商品となります。

スタンダードな牛めしはおいしいですが、更にプレミアム?となると
どれだけおいしくなるのか気になります。

具体的に普通の牛めしと何が違うのか?

1.無添加
⇒化学調味料、人口甘味料、合成着色料、合成保存料を使用していません。

2.米国産牛肉
⇒肉柔らか製法で製造。
うまみアミノ酸の含有量が多いとされている米国産牛肉を使用。

3.プレミアムダレ使用
⇒関東地区限定販売のプレミアム牛めしで使用しているタレを使用。

気になる値段差ですが、、、

並サイズで考えると普通210円とプレミアム300円で90円の差があります。
更に大盛サイズでは、普通280円とプレミアム400円で120円の差です。
※今回、値段差は”牛めしの具”=牛皿で試算

90円も差がある。。。サイドメニューの玉子を追加オーダーできるレベルですよ。。。

さて、更に何がお得か下をご覧ください。

【期間限定12800円→6400円】【松屋】新牛めしの具(プレミアム仕様)32個パック入
期間限定8000円→4280円さらに50円OFFクーポン】【松屋】新牛めしの具(プレミアム仕様)20個セット

大盛レベルの容量!!
1食135gですので、大盛以上の容量となります。店頭では大盛のプレミアム
400円しますので今回の期間限定では1食約214円となります。

約200円お得!!店頭の普通(並)とより安い金額で大盛以上、しかもプレミアム
が味わえるのです!!

安心・安全な米国産牛肉!!
ジューシーでやわらかい、牛バラ牛を100%使用しています。

肉本来の味を引き出すレシピ
松屋秘伝の丼タレをベースに、化学調味料を一切使用しない特別仕様のタレ
に仕上げました。

玉ねぎは国産品に限定、茹で時間にもこだわり、シャキシャキとした食感を
お楽しみ頂けます!!

プレミアムタレを使用することで、肉とタマネギ本来の味が充分に引き
出されています いろんな食材と組み合わせて、広がる美味しさ
たとえば、うどんにかければ「肉うどん」に。カレーにかければ
「カレ・牛」に!!又、「卵とじ」や「肉じゃが」にしたり、焼き豆腐
とネギを加えて「すき焼鍋」にするなど、アレンジ次第で味わい方もいろいろ。

★2019年05月17日21時00分~2019年05月18日01時59分の期間限定です★
★2019年10月4日20時00分~2019年010月11日01時59分の期間限定です★

▼販売サイトはコチラ▼

期間限定14,400円→7,200円】乳酸菌入り牛めしの具(プレミアム仕様) 32個パック入
【期間限定13500円→5999円さらに100円OFFクーポン】【超赤字企画!おまけが選べます!】乳酸菌入り牛めしの具プレミアム仕様30食

大盛レベルの容量!!
1食135gですので、大盛以上の容量となります。店頭では大盛のプレミアム
400円しますので今回の期間限定では1食約200円となります。

約200円お得!!店頭の普通(並)とほぼ同じ金額で大盛以上、
しかも乳酸菌入りプレミアムが味わえるのです。

乳酸菌が入ってパワーアップ!
1食あたりカップヨーグルト1000ml分相当の乳酸菌が含まれています!

安心・安全な米国産牛肉!!
ジューシーでやわらかい、牛バラ牛を100%使用しています。

肉本来の味を引き出すレシピ
松屋秘伝の丼タレをベースに、化学調味料を一切使用しない特別仕様の
タレに仕上げています。玉ねぎは国産品に限定、茹で時間にもこだわり、
シャキシャキとした食感をお楽しみ頂けます!!

プレミアムタレを使用することで、肉とタマネギ本来の味が充分に
引き出されています。

いろんな食材と組み合わせて、広がる美味しさ
たとえば、うどんにかければ「肉うどん」に。カレーにかければ
「カレ・牛」に!!又、「卵とじ」や「肉じゃが」にしたり、
焼き豆腐とネギを加えて「すき焼鍋」にするなど、アレンジ次第
で味わい方もいろいろ。

★2019年05月11日20時00分~2019年05月20日12時00分の期間限定です★
★2019年10月4日20時00分~2019年10月15日23時59分の期間限定です★

▼販売サイトはコチラ▼

期間を過ぎると通常の値段になってしまいますので、お早目に。。(*^-^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする