転職の面接 受け答え準備は万全!? 王道の質問 具体例・例文も紹介

転職
※本ページはプロモーションが含まれています。

転職活動する中で、必ず選考で面接の機会があると思います。企業にによっては
1回で終わるものもあれば役員面接まで合わせると3回や4回ってところもありますよね。

私が経験したところでは、最高3回の面接がありました。1回面目は人事、2回目は求人を募集した担当部署、最後の3回目は役員でした。個人的に人事と担当部署は一緒でいいと思いましたが、3回も足を運んだことがあります。

みなさんは、面接官から質問を投げかられた時にどんな風に答えていますか?

まさか、その場その場で考えて答えていませんでしょうか。
ましてやその場の雰囲気でなんては論外です($・・)/~~~

仮に新卒者はまだ社会人になって経験が浅く、少々話しの矛盾や間違い、
自信のなさがあってもある程度は認めてくれますが、経験をある程度積んだ
転職者の面接は、そういうわけにはいきません。

人事や、担当者から矛盾を指されかねませんし、自分を思う存分アピールも
できないかもしれません。
「その時こういうことを言っておけばよかった」など後で後悔してしまいます。

必ず面接の受け答えの準備は万全であることが重要です。

この記事では、転職の面接で成功するための準備方法を詳しく紹介します。
具体的には、よくある面接の質問の意図や実際どういう風に聞いてくるのか、
さらには回答例を踏まえ解説します。

これらの情報を活用することで、自信を持って面接に臨むことができるでしょう。

転職の面接での受け答えは、新卒の面接とは違う問いかけや質問に緊張や不安を感じる
と思います。
しかし、適切な準備と練習を積むことで、その不安を軽減することができます。
この記事を参考にして、次の転職面接で自信を持って受け答えを行いましょう。

準備が万全であれば、転職の成功に一歩近づくことができます。
是非、この記事を参考にして、自分の転職活動を成功させてください。

目次

知りたい意図があるから面接官は質問してくる

面接官が色々質問してきますが、必ず意図をもって質問してきます。

例えば、「あなたの長所と短所を教えてください。」という質問に対し、どんな知りたい意図があると思う?
う~ん。。長所は言えばアピールにつながるけど、短所を言ってしまうとマイナスなので、「短所はありません」て答えちゃお。
だめですよ。
質問する意図をくみ取らないと。

「あなたの長所と短所を教えてください。」の質問意図をざっと考えても
4つぐらいは、ぱっと頭の中にでてきます。

  • 自分の弱みを強みをしっかり理解しているのか。
    →自分自身を客観的に見つめ、自己認識を深め、自らの強みや改善点を認識の確認
  • 強みはどういう風に自社に貢献できるのか。
    →自らの強みを生かせる領域の確認
  • 弱みは今後どのようにカバーや克服しようとしているのか。
    →適応性と改善意欲の確認
  • またその弱みは自社にどのように影響してくるのか。
    →改善の実行性を生かせる領域の確認

まだ考えだしたらまだありますが、、、これはこの辺で。。。

このような質問の意図があるので、準備は万全に望む必要性があります。

 

面接での受け答えの準備は具体的に何をする?

さて面接の準備として大きく分けたカテゴリとしては、4つに分類されます。

1つ目は、面接を受ける会社の企業と業界を詳しく調べ、質問を予想し、回答集をつくる

2つ目は、履歴書や職務経歴書に記載した内容での質問を予想し、回答集をつくる

3つ目は、一般的な質問を受け答えができるように回答集をつくる

4つ目は、1から3つめの内容を自分でロープレし、答えれるようにする

1つ目から3つ目は、全て最後に作業として、回答集をつくることがポイントです。
回答集とは、1問1答式のもので、面接官からの質問においてQ&Aで簡単に書いたものです。

↓こんな感じの文書で書いて小さめノートに書いたりしてました。

私はノートに回答集を一問一答式でいつでも見れるように
して面接前日や面接直前まで目を通していました。
便利ですよ。転職するたびに追記して使えますよ。
スマホでもメモに残しておいてもいいですよね
もちろん。スマホやタブレットなど電子で回答集をつくってもいいのですが、ノートの方が、さっと確認でき、全体像が分かる為、特に面接直前にすぐ確認することができるので、私は小ぶりのノートをオススメします」

例えばこんなA5ノートです。

リング式の方がページを開けて見やすくオススメです。もちろん100均一で探すのも良い
でしょう($・・)/~~~
更に面接の時に質問はなにかありますかの答えの時でもメモして記入することができます。

ちゃんと答えたことについてメモをとり、確認しているんだなとい良い印象を
受けやすく、実際好印象を受けていました。(←のち人事の人から聞いた話しです。)

さてさて、準備するカテゴリごと、1つ目から順を追って説明していきます。

面接での受答え準備 会社と業界研究

まずはじめに、面接を受ける会社について知らないと、その旨の質問を受けた時
当然、答えることができません。

よく聞かれる質問としては、「弊社の採用を受けたのはなぜでしょうか?」です。

このような質問に答えれるように、その会社のホームページはもちろんのこと、ウイキペディア、
ツイッター(X)やインスタなどのSNSである程度の特徴や強み、活動状況、
などを把握しておくことが重要です。

また、株式情報やサジェストにも注意し検索してときましょう。

余裕があれば、株式情報などは、yahooファイナンス情報に掲載されているような”株式情報”と”企業情報”を参考にすれば、株が急に上がった下がったの起点に何かgy業績や発言イベントがあったはずなのでその辺も調べてみることもおすすめです。

サジェストは検索窓で検索されやすいキーワードが自動で出てくるものです。

そのキーワードも一応、目を通し、面接で聞かれるトレンドなのか、逆に質問する
ネタとして持っておけます。

この場合「トヨタ自動車」と検索すれば、特に気になるのは、「稼働停止」これは、
トヨタのグループ会社がエンジンの不正があり、工場が稼働停止となったキーワード
です。こんな内容も面接の質問について「この件についてどう思いますか?」
と聞かれる可能性があります。

そして業界研究も必要です。

先ほどは会社自体を知ることでしたが、業界研究ではその面接を受けようとする会社は
業界内での位置づけはどうなのか。独自性を持っているのかなどを知っておくと更に、
質問に困らず答えられます。

面接での受答え準備 履歴書や職務経歴書の内容で質問予想

2つ目としては、履歴書、職務経歴書についての質問です。
面接官は興味がある箇所や疑問に思う項目について質問してきます。

ですので、その自分が書いた内容を再度、確認し、質問されそうな箇所は
あらかじめ答えれるを用意しておきましょう。

例えば、1社目営業職で2社目生産管理と職種が違う場合など、
「なぜ営業職から職種の違う生産管理を2社目受けることにしたのですか?」
他には、職務経歴書をみて、
「活躍されていることがわかりますが、その活躍されたエピソードなにか一つ
教えてもらえませんか。」

面接での受答え準備 一般的な質問を予想

一般的な質問は、必ずどの会社も聞いてくる質問です。

「なぜ今の会社を辞めようと考えているのですか」
「簡単に自己紹介をしてください」「何社他に受けていますか」などなど

パターン化しているので、これ聞かれたらこう答えようと決めておけば難なく
クリアできます。

後の回答事例で一気に解説します。

面接での受け答え準備 内容を自分でロープレ

1つ目から3つ目までの内容に回答集を作成して終わりではありません。

その受け答え準備ができた後、一人ロープレをすることが大切です。

一人ロープレって何?
一人ロープレとは、一人で面接官の質問をし、その質問を自分で答える練習をすることですよ。よく営業とかでちゃんと説明ができるかなど練習する方法です。いや~昔営業の頃はよく練習したな~

意外と回答集をきっちり作成しても、その受け答えができなければ、何も作った意味が
ありません。

必ず、ロープレを面接前にしておくのを強くオススメします。

面接官
今回我が社を応募した理由を教えてください。
はい。
貴社は○○という独自性を持っており、私の考えや理念と合致したからです。

面接のだいたいの流れはこんな感じ

次に面接の質問の流れを解説していきます。

どの企業も同じような質問されるため、ある程度パターンがあるのですが、
ざっくり流れを説明すると、こんな感じ。

①王道の質問⇒②待遇処遇面の質問⇒③各企業での独自質問⇒④他質問ありませんか。

となります。

王道の質問15選 質問意図から具体例まで ご紹介

先の面接の流れで言う、①王道の質問とはどんな質問がくるのか、その質問の意図は?
回答事例も含め解説していきます。

記事が長くなるので、②待遇処遇面の質問や③各企業での独自質問、④他質問ありませんか
はまた別の記事は御覧ください。。。
記事作成中

王道の15選は私が面接を経験した質問です。ほぼほぼ必ず聞いてきます。この質問があいまいだったり、ましてや準備不足で答えを用意してなければ、必ず不採用になる場面です。

その15の質問とは。。。

  1. 自己紹介と職務経歴を簡単に説明をお願いします。
  2. 退職理由(退職予定の理由または転職する理由)を教えてください。
  3. 転職回数が多いのなぜですか。
  4. また同じ理由から退職されませんか。
  5. 我が社を志望する理由を教えてください。
  6. (職種が違う場合)職種が前職(現職)と違いますが、なぜですか。
  7. (業種が違う場合)業種が前職(現職)と違いますが、なぜですか。
  8. 強み(長所)や弱み(短所)を教えてください
  9. 困って乗り越えた時のエピソードを教えてください。
  10. やりとげたときのエピソードを交えて教えてください。
  11. 5年後10年後のキャリアプラン、ビジョンはありますか?教えてください。
  12. 採用するメリットは何だと考えていますか。
  13. 今受けている会社はありますか。
  14. 今まで不満をもったことはありますか。ある場合はどう解消されましたか。
  15. 今私共の業界○○ですが、それについて何か思うことはありませんか。

ではでは次に、1~15の質問を解説していきましょう。

自己紹介(PR)と職務経歴について

まずはじめに、自己紹介や自己PRと職務経歴を聞いてくることが多いです。

面接官が自己PRや自己紹介を聞く意図としては、主に4つ考えられます。

  1. 候補者の個性や人柄を知ることができる。
    その人がチームに適した人物であるかどうかを判断する材料で聞いてくる。
  2. 自分自身を理解し、自己分析できているかどうかを確認する。
  3. コミュニケーション能力や表現力を評価する。
    面接官はその人が自分のメッセージを伝える能力を持っているかどうかを確認します。
  4. モチベーションや志向を把握する。
    その人がなぜその職種や企業に興味を持ち、どのような価値を持っているか知る。

上述を踏まえると、長々履歴書や職務経歴書に書いてあることを棒読みで伝えるのでなく
簡潔な内容で「私はこんな人でこんなことを経験した人です」を話すことが重要でしょう。

実際聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 簡単に自己紹介をお願いします。
  • あなたの経歴や職務経験について教えてください。
  • 自己PRもかねて、簡潔にご自分の職歴を教えてください。

自己紹介の具体例としては、

はじめまして、私は〇〇と申します。
過去〇年間、〇〇業界で〇〇の職種で経験を積んできました。
私は常に新しい挑戦を求め、成長する機会を大切にしてきました。
これまでの経験を通じて、〇〇なスキルや〇〇な価値観を身につけました。
貴社で新しいチャレンジに取り組み、貢献できることを楽しみにしています。

自己PRの具体例としては、

私の最も大きな強みは〇〇です。
以前の職場では、〇〇なプロジェクトに関わり、〇〇な成果を挙げることができました。
その際、〇〇なスキルや〇〇なアプローチを活かし、チームをリードしてきました。
また、〇〇な困難に直面した際には、〇〇な対処法を用いて解決に導きました。
これらの経験を通じて、私は〇〇なリーダーシップ能力と〇〇な問題解決能力を
身につけました。
貴社でもその経験と能力を活かし、成果を上げたいと考えています。

このように、自己紹介や自己PRでは、自分の経験や強みを具体的に示し、貴社での貢献に
ついて熱意を伝えることがポイントです。

退職予定の理由または転職する理由を教えてください。

この質問も必ず聞いてきます。

退職(予定)の理由を聞く意図としては、主に4つ考えられます。

  • 志望者がその職場や業界に適しているかどうかを判断するために、前職での経験や
    行動を確認します。
    志望者が今回のポジションにどのように合うのかを見極めます。
  • 志望者が将来的にも安定して働けるかどうかを確認。
    採用のリスクを最小限に抑えるために、可能性のあるリスクや不安定要因を把握する。
  • 志望者が仕事に対するコミットメントや責任感を持っているかどうか確認します。
    退職理由を通じて、志望者がどれだけ真剣に仕事に取り組んでいたか、また仕事に
    対する姿勢や価値観がどのようなものであるかを判する。
  • 志望者が問題や課題にどのように対処し、解決してきたかを確認します。
    また、候補者が学び成長する能力やポジティブなアプローチを持っているかどうかも
    この質問でみます。

 

実際聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 「なぜ転職を考えたのですか?」
  • 「前職での経験から、今回の転職に期待することは何ですか?」
  • 「前職での成長や達成感はありましたか?それを今回の転職でどのよう
    に活かしたいですか?」
  • 「なぜ今、転職を考えたのですか?何がきっかけでしたか?」
  • 「転職先で達成したい目標やキャリアの方向性は何ですか?」

転職理由 例文をご紹介

前職では、自己成長やキャリアの発展に向けた機会が限られていたため、より挑戦的
な環境で自身のスキルを発揮したいと考えました。新しい職場では、より多くの
責任を担いながら、経験を積んで成長できると今からも期待しています。
転職を決断した理由は、新しい環境での成長と挑戦の機会を追求するためです。
前職では学びの機会があったものの、さらなるスキル向上やキャリアの発展を求めて、
新たな職場で活躍したいと考えました。
新しい職場への転職を決意したのは、自身の専門性や能力を最大限に活かせる場
を求めたからです。
前職ではそれなりの経験を積むことができましたが、より適切なポジションで自分の力を
発揮できると考え、転職活動を行いました。
転職の動機は、前職で培った経験やスキルを生かしつつ、新たなチャレンジに挑戦した
という思いです。
前職では充実した経験を積むことができましたが、さらなる成長や自己実現のために、
新しい職場での活動に期待を寄せています。

【うまい表現、言い換え表現で話す】

★給与低くて転職する場合
「一定の制約がある中で、成果を出しても評価や報酬に必ずしも結びつきませんでした。」

★実際は体調不良で転職する場合
「在籍中の職場では、休みが取れない日もあり、已む無く休むために退職しました。
結局は仕事に集中しすぎた結果だと思います。
現在は医者のアドバイスもしてもらい健康管理をしっかりしております。」

★職種を変えることで転職する場合例えば営業職→製造業)
「お客様のニーズを製造現場に提案する中、営業より更に構造やモノづくりの根幹に携わり
顧客が求めているものを直接想像したいという気持ちが強くなりました。」

表現ポイントとして、全てポジティブな内容が表現されています。

転職回数が多いのはなぜですか。

この質問も必ず聞いてくる内容です。

転職回数の理由を聞く意図としては、主に4つ考えられます。

  • 候補者が安定性を持ち、長期的な関係を築くことができるかどうかを判断します。
    転職回数が多い場合、その候補者が仕事に対する忍耐力や継続性に欠ける可能性
    があると考えるかもしれません。
  • 候補者のキャリア目標や方向性を理解し、それが転職回数にどのように関連
    しているかを知りたいと考えます。
    過去の転職経験から何を学び、今後のキャリアにどのように活かすのか
    を把握します。
  • 候補者が忠実で信頼できるメンバーであるかどうかを判断します。
    転職回数が多い場合、その候補者が組織やチームに適合するかどうかが不安定
    であると感じる可能性があります。
  • 候補者が転職をする動機やモチベーションを把握し、その人が今回のポジション
    に本当に興味を持っているかどうかを確認します。
    転職回数が多い場合、その人のキャリアに対する本当の意図や価値観を明確に
    するために質問することがあります。

実際聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • これまでの経歴を教えてください。特に、前職までの転職経験について
    詳しく説明してください。
  • なぜこれまで多くの転職をされたのですか?それぞれの転職の背景
    や理由を教えてください。
  • 過去の転職経験から、何か学びや気づきがありましたか?それが今後
    のキャリアにどのように影響しましたか。
  • 転職回数が多いという事実は、あなたのキャリアにどのような影響を
    与えましたか。
  • 今回の転職先では、どのようなことに注力し、どのようなキャリア目標
    を持っていますか。
  • 将来的に転職をする可能性はありますか?その際にはどのような条件や
    理由が考えられますか。
上述の質問してくる意図にも書いていますが、採用する側の最大の目的は、採用後辞めれたら困るからです。そこを特に重要視しています。採用して不一致で辞められたら雇う側も損失ですもんね。。

転職回数 例文をご紹介

自己紹介や自己PR、職務経歴で説明するときに、気をつけないといけないマイナスな言葉
があります。うまく表現を替えマイナスイメージからポジティブな言葉に続けて変換しましょう。

特に話す時に、マイナスのイメージを持ちやすい、転職回数は面接官は反応しやすく
逆にポジティブな言い方をすると、経験豊富柔軟性適応能力が高い自己成長と
スキルが高い。などがあります。

「様々な業界や職種で経験を積んできました。これまでの転職回数は、
新しいチャレンジに積極的に取り組んできた結果です。」

「過去に複数の企業で働いてきましたが、それぞれの経験が私の視野を広げ、
多様な業界や文化に対する理解を深めることができました。」

「様々な環境で働いてきました。その結果、新しい環境に適応し、素早く価値
を提供する能力を身につけました。」

「キャリアは、常に成長と学びの旅でした。これまでの転職経験は、私が自己成長に
積極的に取り組んでいることの証です。」

「様々な職種や業界で働いてきましたが、それぞれの経験が私に豊富なスキル向上と
なりました。これらのスキルを活かして、新しいチャレンジに取り組みたいと考えています。」

こんな感じの表現であれば、転職が前向きな姿勢が伺えます。

過去に複数の転職を経験した理由は、私のキャリアにおいて常に成長と挑戦を追求して
きたためです。各職場で学びや経験を積み重ね、自己成長のために新しい環境に飛び込む
ことが重要だと感じていました。
前職では様々なスキルを磨くことができましたが、さらなる成長を求めて次のステップ
に進むことを決断しました。
複数の職場での経験を積む中で、自身のキャリア目標や志向性が変化していくことが
ありました。
前職では一定の成果を上げることができましたが、新たな挑戦を求める中で適切
なポジションを探し求めるために転職を選択しました。これまでの経験を活かしつつ、
自己実現を目指して進んでいます。
また以下のような表現も正直で好感がもてる内容です。
”自分が求めていた”仕事がようやく見つけれたと言う表現です。また昨今では、会社倒産などでの転職も考えられますその時も正直伝えましょう。
転職回数が多い背景には、自身の専門性や興味領域に合った環境を模索してきたこと
があります。
前職では良い経験を積みましたが、自己実現や仕事への熱意を追求するために、新たな
機会を求める過程で転職を繰り返しました。

また同じ理由から退職されないかについて

転職回数について聞く際に、関連して質問を投げかられる内容ではありますが、
まずは聞いてくる内容です。

特に転職回数が多い人は、ほぼ100%聞かれます。

同じ理由から辞めないかの理由を聞く意図としては、主に3つ考えられます。

  • 新しい職場や環境に適合するかどうかを確認するために、以前の退職理由
    が今回のポジションと関連しているかを確認します。
    同じ問題が再び発生する可能性があるかどうかの把握
  • 候補者が将来的に安定した関係を築けるかどうかを評価します。
    同じ理由で何度も退職するパターンがある場合、その候補者が安定性や忍耐力
    に欠ける可能性を見極めます。
  • 以前の問題や課題に対する候補者のアプローチや対処能力を理解しようとします。
    同じ問題が再び発生した場合、その人が適切に対処し、解決する能力があるか
    どうかを確認します。

そりゃ入社して同じ理由に今後当てはまった時に辞められたら企業側としては
損失ですし、また人材を探さないといけませんもんね。

特に私は、6回の転職をしているので、必ず聞かれます。ただ聞かれることはわかっているので、回答集にか必ず入れています。そうすれば聞かれても焦ることはありません。

実際聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 企業がまた同じ状況になった場合、退職されることになりますか。
  • 我が社に入社されても何かのきっかけで転職する意識はありますか。
  • 弊社はあなたが求める環境やチームとの関係性に合っていると考えますか。
  • 再び同じ理由で退職するリスクを減らす要因となると思いますか。

また同じ理由で退職されないか 例文を紹介

転職を重ねてきた理由は、自己実現や適切な環境を求める意欲に裏打ちされていますが、
今後はより長期的な視野で職場に尽力し、組織との長期的な関係を築いていくことを
意識しています。
前職での経験を活かし、新しいチャレンジに取り組んでいきたいと思っています。

【うまい表現、言い換え表現で話す】

同じ理由で退職しないことを伝える為には、前向きな姿勢と具体的な対策、転職先の適合性
を強調する必要があります。

たとえば。。。

★体調不良で退職した
「体調不良の為に已む無く休むために退職しました。よくよく自分を見つめ直し
分析すると結局は仕事に集中しすぎた結果だと思います。
現在は医者のアドバイスもしてもらい健康管理をしっかりし、同じ心配をかけないよう
注視しております。」

★給与が低く退職した
現職や前職の給与が低いとは言わず「貴社の○○という報酬制度や○○という実力主義の給与体系
があり満足するところであります。業績などで給与が単純に減ったからと言って、転職することは
ありません。仕事の質ややりがいも加味しております。」
結論をやりがいに結びつけて言い換えています。

我が社を志望する理由・動機を教えてください。

通常転職活動は、1社のみを志望することはありえませんし、業界を志望するなら
他社も面接など行くのは当たり前の話しです。

しかし、面接では、なぜ自分の会社に応募してきたのか面接官は気になりますし、
志望者がどのような思いで志望しているのかぜひとも聞きたいところ。

間違っても、業界でたまたま見つけた会社だからと話しする訳にもいきません。

我が社を志望する理由を聞いてくる意図としては、主に4つ考えられます。

  • 志望者が会社に興味を持っているかどうかを知りたい。
    会社のビジョンや価値観に共感しているか、なぜその会社で働きたいのかを知る
    ことで、その人の熱意や動機づけを把握しようとしています。
  • ほんとうに志望している人なのか、我が社は差別化されているのか聞きたい。
  • 志望者が会社の文化や価値観に適合するかどうかの確認。
    志望者の回答から、その人が会社のミッションや目標にどれだけ共感し、それらを
    実現するためにどのように貢献できるかを見極めようとしています。
  • 会社でどのようなキャリアを築きたいのかを知りたい。
    会社にどのような価値を見出し、将来的にどのような役割を果たしたいのかを
    明確にすることで、その人の長期的な目標や志向性を理解しようとしています。

実際聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • なぜ当社に興味を持ち、ここで働きたいと思ったのですか。
  • これまでのキャリアや学習経験から、なぜ当社に興味を持ちましたか。
  • 当社のビジョンやミッションについてどのように考えていますか。

 我が社を志望する理由・動機 例文を紹介

貴社を志望する理由は、業界内での貴社のリーダーシップと革新性に感銘を受けたからです。
前職では業界の一端を経験しましたが、貴社の成長戦略や価値観に共感し、より挑戦的で意義
のある仕事に携わりたいと考えました。
貴社を選ぶ理由の一つは、貴社が従業員の成長や働きやすい環境を重視している点です。
前職では良い経験を積みましたが、貴社の社風や働き方に惹かれ、より充実したキャリア
を構築するために転職を決意しました。
貴社を志望する動機は、貴社のビジョンや社会貢献活動に共感したからです。
前職で培った経験やスキルを貴社で活かしながら、貴社の成長に貢献したいと考えています。

業界内でもなぜこの会社に志望するのかを明確に差別化する必要があります。
正直、そんな特別な差別化は非常に難しいですが、差別化できるところを面接前
にしっかりリサーチしておきましょう。

【うまい表現、言い換え表現で話す】

志望した本音を内容によっては話しできるものとできないものがありますよね。実際は「業界の中でも特に給与が高いから」という本音があったととしたら、そのままストレートに伝えても面接官は良い印象を持ちません。海外では違うようですが。。。。うまい表現で面接官に伝えましょう。

★給与や福利厚生充実し志望した場合
「自身の価値をより高く評価される環境が貴社にはあります。」
「従業員の働きやすさと生産性の向上にも貢献しています。私は貴社での働きがいを
感じながら、経済的安定を得ることができると信じています。そのため、私は貴社
でのキャリアを積むことで、自身の成長だけでなく、家族や社会への貢献も実現
したいと考えています。」

★転勤なしに魅力感じている場合
「貴社は地域密着型で、つながりを大切にしている会社であること。
また貴社が従業員のライフスタイルやワークライフバランスを尊重ししていることも
感銘を受けました。」

★大手企業で”安定した会社”に魅力を感じている場合
大手企業ならではの安定性と成長の見込みにあります。貴社は確立されたリーダー企業
でありながらも、常にイノベーションと挑戦を重視しています。
そのため、自身の能力を最大限に活かしながら、新たなチャレンジにも積極的に取り組む
ことができると感じました。」

(職種が違う場合)職種が前職(現職)と違いますが、なぜですか。

面接官からしたら、単純になぜ職種が違う業種に志望しているのか聞きたいところ

前職と職種違いの理由をを聞いてくる意図としては、主に4つ考えられます。

  • 志望者が前職とは異なる職種になぜ興味を持ち、その職種でどれだけ適性や能力を
    持っているかをを確認したいため。
  • 志望者が前職の職種を選ばなかった理由を知りたい。
  • 志望者の動機や意欲が何に基づいているのかを把握し、その職種での長期的な
    キャリア目標や成長の意欲を確認したい。
  • 志望者が異なる職種や業界で得た経験や視点が、その職種での業務にどのような
    付加価値をもたらすかを理解したい。

 

実際聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 前職とは異なる職種に興味を持ったきっかけは何ですか?その職種に関連する経験やスキルはありますか。
  • 異なる職種に転職する理由について教えてください。前職で培ったスキルや経験が今後の職種でどのように役立つと考えていますか。
  • 新しい職種での挑戦に興味を持った理由は何ですか?その職種でのキャリア目標や成長の意欲はありますか。
  • 前職とは異なる職種に転職することで得たいものは何ですか?その職種でのやりがいや喜びを感じると考えていますか。
  • 前職とは異なる職種での経験やスキルを活かすことができると考える点は何ですか?その職種での業務にどのように貢献できると思いますか。

前職とは異なる職種 例文を紹介

前職での経験やスキルを活かしつつ、異なる職種に挑戦することでより幅広い視野を持ちたい
と考えました。
貴社の業界や職種には新たな成長の機会があり、自己の可能性を最大限に引き出せると
考えます。
培った経験を活かしつつ、新しい職種での挑戦を楽しみにしています。
前職での経験を通じて自身の興味や関心が変化したことで、異なる職種に挑戦すること
を決意しました。
貴社の業界や職種には新たな可能性があり、自己の成長やキャリアの発展に繋がると
考えています。
今までの経験を活かしつつ、新しい職種でのチャレンジを通じてさらなる成長を
目指しています。

前職の職種の仕事内容が合わなかった場合
「前職での経験を活かしつつ、新たなキャリアパスに向けて前向きに進んでいきます。」

自分の可能性が今の職種ではないとわかった(例えば営業職→製造業)
「お客様のニーズを製造現場に提案する中、営業より更に構造やモノづくりの根幹に携わり
顧客が求めているものを直接想像したいという気持ちが強くなりました。」

(業種が違う場合)業種が前職(現職)と違いますが、なぜですか。

前職と業種違いの理由を聞いてくる意図としては、主に4つ考えられます。

  • 自分の経験が即活用できる同じ業種を選ばず、違う業種を選ぶ理由を
    知りたい。ただ単に今の業種が嫌になっただけなのか。何か思いがあるのか。
  • 異なる業種での経験が、志望者が新しい環境に適応し、変化に対応する能力
    を持っているかどうかを確認したい。
  • 異なる業種での経験が、志望者が持っているスキルや知識をどのように転用し、
    活かせるかを把握したい。
  • 異なる業種での経験が、志望者が持つ独自の視点や経験を通じて、組織や
    チームに新しいアプローチやアイデアをもたらすことが可能か見極めたい。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 前職と違う職種ですが、なぜこの業界に転職しようと思ったのですか。
  • 前職と現在のポジションとの違いは何ですか。
  • 新しい業界での挑戦に対する不安はありますか。
  • 前職からの経験をこの業界でどのように活かす予定ですか。
  • 新しい業界で成功するために必要なスキルや知識は何だと思いますか。

前職とは異なる業種 例文を紹介

簡単に前職の職種が合わなかったと言えば楽じゃないの?例えば「ずっと経験している職種に違和感を覚えつつ仕事と向き合っていましたが、やはり何か自分には合わないと判断し、前職より前から志願していた職に就きたいと思い今回応募しました」みたいな感じでいいじゃん。
確かに今の職種が合わないは本音かもしれませんが、面接官は、入社した時にまた「合わない」となり辞めないかを危惧します。そこをカバーできる表現で質問に答えましょう。
前職では業界内で多くの経験を積みましたが、新たな業種に挑戦することで自身のスキル
をさらに拡充し、新しい視点や知識を得たいと考えました。
貴社の業界でのリーダーシップや成長性に魅力を感じ、新たな挑戦を通じて自己成長を
追求したいと思います。
前職では一定の成果を上げることができましたが、自身の興味や関心が変化し、新たな業種に
チャレンジすることでより充実感を得られると感じました。
貴社の業界での成長ポテンシャルや魅力的なビジョンに共感し、新しいフィールドでの活躍
を目指したいと考えています。
前職で培った経験やスキルを活かしつつ、異なる業種でのキャリアチェンジを模索することで、より幅広い視野を持ちたいと思いました。
貴社の業界での先進性や成長性に魅力を感じ、新たな分野でのキャリアを積むことで
自身の能力をさらに伸ばしたいと考えています。
【うまい表現、言い換え表現で話す】

★業界自体の給与が低く違う業種を選びたかった場合
「今の業界は、飽和状態であり、期待する役割が得られないと考え、貴社のような業界で
あれば、私のスキルや技能を生かせると考えました。」

★今の業種が単純に想像と違い、合わなかった場合
「○○の業界は○○を提供できるすばらしいものです。私もその期待に応えれるよう
邁進してまいりましたが、○○の考え方が根付きその自分との大きなギャップに苛まれ
違和感を持つようになりました。」

★憧れの業界を志望したかった場合
「当初○○の業界を志望し転職活動をしておりましたが○○の理由により今の業界
で仕事○○年仕事をしていました。しかし仕事をしていく中で、やはり当初の業界を
捨てきれず、今回志望します」

★前職より転職先に興味がある場合
「前職での経験を○○生かせ、更に貴社の貢献できると考えます。」

 

強み(長所)や弱み(短所)を教えてください

強み(長所)や弱み(短所)を聞いてくる意図としては、主に3つ考えられます。

  • 志望者が自身の強みや弱みを客観的に見極め、それらをどのように次に活かし、克服しよう
    とする姿勢があるのかを確認するため。
  • 志望者が自分自身を理解し、自身の能力や限界を正しく把握しているかどうかを知りたい。
  • 強み(長所)や弱み(短所)の内容によって志願している仕事の適性を確認する。

 

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • あなたの強み(弱み)について話してください。
  • あなたの強み(弱み)は何だと思いますか。
  • あなたが最も得意とするスキルは何ですか。また不得意とするところは。
  • どのような状況で自分の強みを発揮できると感じますか。
  • あなたが誇りに思う過去の業績や経験は何ですか。それはなぜですか。
  • 弱みや改善すべき点について話してください。
  • 自分自身を挑戦する上で最も難しい部分は何だと思いますか。
  • 過去の経験や状況で、自分の弱みが明らかになったことはありますか。
    その時の対処法は何でしょうか。
  • 他の人と比べて、自分が改善すべきと感じる点は何ですか。
  • チームや組織の中で、あなたが最も苦手とすることは何ですか。
    それはなぜですか。

強み(長所)や弱み(短所) 例文を紹介

強み(長所)の例文としては。。。

私の強みは、優れたコミュニケーション能力です。過去の経験から、相手の立場やニーズを
理解し、適切な情報を伝えることができると自負しています。
また、チームプレーヤーとして円滑なコラボレーションを築くことが得意であり、
グループの目標達成に貢献することができます。
私の強みは、柔軟性と問題解決能力です。変化する状況に迅速に対応し、新しいアプローチ
を考えることが得意であり、複雑な課題にも臨機応変に対処できます。過去のプロジェクト
で問題解決に成功した経験から、自信を持って新しい挑戦に取り組むことができます。
私の強みは、継続的な学習と成長への意欲です。常に新しい知識やスキルを身につけること
に積極的に取り組み、自己啓発に努めています。
過去の経験から、成長することの重要性を実感し、自身のキャリアを着実に進めてきました

弱み(短所)の例文としては。。。

私の短所は、時に完璧主義に陥ってしまうことです。何事も完璧を目指すあまり、細部に
こだわりすぎてしまい、時間がかかってしまうことがあります。
しかし、最近では優先順位をつけることやチームメンバーと協力して効率的に業務を
進める方法を学んでおり、この弱みを克服するために努力しています。
私の短所は、緊張しやすいということです。新しい環境や重要な場面では、緊張してしまい、
思考がまとまりにくくなることがあります。
しかし、過去の経験から緊張をコントロールする方法やリラックスするテクニックを学び、
徐々に改善してきました。
また、緊張からくるミスを最小限に抑えるために、事前の準備や自己管理に力を入れています。
私の短所は、新しい技術やツールに対する理解が追いつかないことです。急速に進化する
技術の中で、常に最新の情報やスキルを習得しようと努力していますが、すぐに理解する
のが難しいこともあります。
しかし、この短所を克服するために、日々の学習や実践を重ね、徐々に成長しています。
特に強みはアピールできるポイントですのでよいのですが、弱み(短所)もきっちり答える必要があります。

基本的に弱みを答えると、面接官からマイナスとして受け止めらそうですが、志望者も面接官
も人です。必ず弱みや短所があるはずです。

上述のこの質問の意図にも書かれていますが、弱みは次どのように改善克服しようと
しているのかを問う質問ですのでしっかり、答えれるように準備しておきましょう。

困って乗り越えた時のエピソードを教えてください。

困って乗り越えた時のエピソードを聞いてくる意図としては、主に3つ考えられます。

  • その経験からあなたの適応力や忍耐力、問題解決能力などの能力を確認
    しようとしています。
  • 困難を乗り越えるプロセスやその際に学んだことから、あなたの成長や学びの
    能力を知ることができる
  • 更にその経験を通してどのように他人と協力し、チームや組織全体の目標達成に
    貢献したかを知りたい。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 過去に困難な状況に直面した経験がありますか。その時の状況や、
    どのように乗り越えたかについて教えてください。
  • 過去に何か大きな壁にぶつかった経験がありますか。その際、
    どのように対処しましたか。
  • 過去にプロジェクトや仕事で困難に直面した経験がありますか。
    その時の状況と、どのように解決したかを教えてください。

 困って乗り越えた時のエピソード 例文を紹介

以前、期日までの納品必須で契約したお客様の案件で、主要な仕入れ先からの配送
が予定よりも遅れる連絡がありました。配送の遅延を想定し、早めの対応をしていましたが、部品供給の遅れから
どうしても組み付ける1部品が入荷待ちの為、供給が遅れるとのことです。
契約上、納期厳守は必須の内容です。期日遅延を起こすと今後の契にも支障がでます。自分一人で問題を抱えても解決できないと考え、自部署のチームに相談し
関係する仕入先、更には他部署の購買課にもお願いし、その1部品の供給がどこか
仕入れ先入手できないかの問い合わせを行いました。驚きですが、その部品を関係なさそうな商社からなんとか代替の供給源
を見つることができ、事なきを得ました。この経験から、問題解決する場合は、個人だけで解決することは非常
に困難でしたが発想の柔軟性とチームの協力して新しい解決策を見つけ
出すことが不可欠であることを痛感しました。
ちょっと長い文ですが、エピソードを語る流れとしては、困ったこと→対処→改善です。
必ず、対処した後の次回こうしようという内容は盛り込んだ方がいいでしょう。また協調性があるエピソードは面接官は好む傾向が多く、「困難を乗り越えるにはチーム協力が必要」などなど 

5年後10年後のキャリアプラン、ビジョンはありますか?教えてください。

新卒の就職活動では、質問されるランクは低いかもしれませんが、職を経験している転職者において、面接官は知りたい質問です。

長期的な期間の5年後10年後のキャリアプラン、ビジョンについて聞いてくる意図
としては、主に3つ考えられます。

  • 志望者が将来に向けてどのような目標や計画を持っているのか、そしてそれらをどの
    程度現実的に見積もっているのかを知りたい。
    更には会社にとっての長期的な貢献を確認したい。
  • 志望者が将来のビジョンに基づいてどのように成長し、変化に適応するつもりなのか
    を知りたい。
    あなたの長期的な計画が組織の成長戦略や変化にどのように適合するかを理解する
    ことで、ポテンシャルや適性を評価しています。
  • 志望者が自らのキャリアに対してどの程度の熱意やモチベーションを持っているのか
    を確認したい。
    長期的なビジョンや目標がどれだけ熱心であり、真剣に追求しているかを知ることで、
    あなたが会社にとって価値のある人材であるかどうかを図っています。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 将来のキャリアについてどのようなビジョンをお持ちですか。
    例えば5年後、そして10年後にはどのような地位や役割にいたいと考えていますか。」
  • 5年後、10年後に、業界や職種のどのような変化を予想していますか。
    それに対応するために、どのようにスキルや経験を積み重ねていく予定でしょうか。
  • 将来こうありたいという目標をお持ちですか。長期的なプランとして。

 5年後10年後のキャリアプラン、ビジョンに答える 例文を紹介

明確なビジョンがあります。
御社に入社した後、業務経験、実績と信頼を3年までに積上げ、5年後管理面で活躍したい
と考えています。
又部下を〇名程育て上げた経験から育成にも貢献し、10年後には経営にも関わり貴社を
拡大していきたいと考えています。
更に具体的に段階的なやりたいことがあればベストです。多い流れは、「チーム引っ張る存在として成長→中間管理職の上下職位の調整を経験→経営に携わりたい」
が王道でしょう。自分は現場担当者で終わらず、経営判断までキャリアアップしていきたい旨を伝えることがベターです。実際は叶わないかもしれませんが上昇志向が大切。

採用するメリットは何だと考えていますか。教えてください。

ちょっと意地悪な質問かもしれませんが、私の場合、数社聞いてきました。難しい質問ではありますが、きっちり準備しておきましょう。

採用するメリットは何だと考えていますか。て聞いてくる意図としては、主に3つ考えられます。

  • 志望者が自分の強みや価値を理解し、それを会社にとってのメリットとして明確に
    説明できるかどうかを知りたい。
  • 志望者が応募している会社や業界に興味を持ち、会社のビジョンや価値観を理解
    しているかどうかを確認したい。
  • 志望者が自分の能力や価値を自信を持って語り、ポジティブな姿勢を示している
    かどうかを確認したい。
    自信のポジティブな姿勢は、あなたが成功に向かって努力し、成果を上げることが
    できる可能性も見ています。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 自身の強みや経験を通じて、当社にどのような価値を提供できると考えていますか。
  • 当社でのポジションに興味を持った理由や、当社が採用することで得られる利点
    は何だと考えていますか。
  • あなたの経験やスキルが、当社のビジネスにどのような貢献をもたらすと
    考えていますか。

上述の強み(長所)や弱み(短所)を把握しきましょう。

この質問と同じくセットで「強み」も聞いてくる場合がありますよ。

 採用するメリットは何だと考えていますか 例文を紹介

貴社が私を採用するメリットについて、いくつかの観点から考えてみました。
まず第一に、私は過去の経験やスキルを活かし、貴社のチームに即戦力として貢献できる
と考えています。
更に私は、○○の経験から柔軟性や適応性を持ち、変化に対応することができると
自負しています。
私は常に自己成長に努め、新しいことを学び、貴社のビジョンに貢献することを
目指しています。
私の経験や能力が貴社にとって価値のある貢献となると確信しています。

少しふわっと具体性が低い内容ですが、この例文を基本として、接客業やサービス業、
製造業などで必要な分を当てはめて答えれる内容をカスタマイズするのがベストでしょう。

ポイントとしては、志望している会社で困ってそうな内容を改善する、自分の経験・知識で
発展させるという内容を伝えることです。

今受けている会社はありますか。

この質問100%聞いてきます。

今受けている会社は何社ありますか。て聞いてくる意図としては、主に3つ考えられます。

  • 志望者が現在どのような採用プロセスに関与しているのかを知りたい。
    もう決断する会社があるのかなど
  • 志望者がどのような企業に興味を持っており、どのような要素を重視しているのか
    を知りたい。
    自社にとっての理想的な候補者であるかどうかを判断することができる。
  • 志望者の転職活動の進捗や本気度を確認したい。
    更に他社の採用状況を確認し、志望者の引き合い状況も確認したい。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 他の企業にも応募されていますか。もしあれば、どのような企業ですか。
  • 今後、他の会社にも応募する予定ですか。何社ぐらい考えていますか。
  • 今応募しているのは同じ業界ですか。違う業界ですか。
  • 応募している他の会社と比較して、採用した場合は入社していただける
    度合はどのくらいでしょうか。
この質問の次に聞いてくる内容としては「何社応募しているのか」と「どこまで採用プロセスが進んでいるのか」を尋ねてくることが多く、答えれるようにしておいた方がいいでしょう。

今受けている会社はありますか。 例文を紹介

現在、3社の選考プロセスに参加しています。一つは貴社であり、もうひとつは
同業の企業とそして新興企業です。これらの企業はそれぞれ異なる魅力を持っています。
志望第一は○○の魅力の貴社です。

応募している会社名まで答える必要はありません、ただし、「どこでも採用されたら入社します」
という雰囲気禁物です。

「どこでもいいのか?」となってしまいますので、必ず選考途中の場合はその企業を
受けている理由も述べ、貴社が第一志望である旨をできるだけ伝えましょう。

上級のテクニックとして、あえて、「第一志望です」と答えない時もあります。
応募条件がばっちり当てはまっていたり、面接の流れで”採用する気が伝わる”など、
感じれる場合に有効です。
”早く採用しないと他の会社に取られますよ”雰囲気をだします。
事後の給与UPの交渉などにも役に立ちます。

今まで不満をもったことはありますか。ある場合はどう解消されましたか。

この質問は、困ったことを乗り越えたエピソードを教えてくださいと似たような内容ですが、よく聞いてきます。そちらかと言うと”困ったこと”は、仕事上でと言う意味にとらわれ、不満は人間関係やコミュニケーションに関連することが多いかも

今まで不満をもったことはありますか。ある場合はどう解消されましたか。と聞いてくる
意図としては、主に4つ考えられます。

  • 不満を抱えた状況に対処するための能力を見極める。
    志望者が問題をどのように分析し、解決策を見出したか、またその過程でどのような
    スキルやアプローチを用いたかを知りたい。
  • 不満を解決するために他者とのコミュニケーションをどのように行ったかを知りたい。
    他者との関係改善し、解決策を協力して見出すためにどのようなコミュニケーション
    スキルを発揮したかを知りたい。
  • 不満を解消するために行動した経験から、候補者の成長意欲や学びの姿勢をみたい
    過去の課題や不満を克服するためにどのような努力をしてきたか、そしてそれを
    通じて成長したかどうかを知りたい。
  • 不満を不満で終わらせるのではなく、ポジティブに行動できているかを聞きたい。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 過去に仕事や学業上で不満に感じたことはありますか。
    もしある場合、その具体的な状況や問題点を教えていただけますか。
  • 不満を抱えた状況に直面した際、どのように対処しましたか。
    その問題を解決するためにどのようなアプローチを取りましたか。
  • 不満を解消するために他者とのコミュニケーションをどのように行いましたか。
    その結果、関係や状況はどう変わりましたか。
  • 不満を解消するために行った行動の中で、最も効果的だと感じたものは何ですか。
    なぜそれが効果的だったと思いますか。

 今まで不満がありましたか。ある場合はどう解消されましたか。例文を紹介

はいございました。

以前はプロセスごとで分断した仕事のやり方により、個々の責任が大きく、
問題発生時や進捗がわかりにくい職場でした。

悪い事に、役割が分断されていることにより、咳にの擦り付け合いや、問題点を
隠そうとする動きもあり、非効率かつ職場の雰囲気もあまりよくありませんでした。

しかし、個々の動きからチームへと活動することの重要性を説明し、
プロジェクトを立ち上げた際、一度担当者が集まり、統括者と役割を決め
フォロー体制を構築、明確なスケジュールをたて、週一回ミーティングを行う
ことにより、個々の進捗と問題点の早期発見ができ、円滑に仕事が進めれるよう
になりました。

またコミュニケーションが増えることにより、フォローし合える職場となりました。

ないって答えた方がいいでしょ。あったらそれに更に面接官から質問がくるし。。。
回答する場合「ない」はNGです。必ず生きている以上は何か仕事以外でも不満があるはずです。私的なことより、不満で解決した内容を聞きたいので、答えれるよう
準備する必要があります。

今私共の会社(業界)○○ですが、それについて何か思いますか。

特に、まだ記憶に新しい不祥事を以前起こしてしまった企業や業界自体低迷している会社から聞かれる質問です。

今私共の業界(会社)○○ですが、それについて何か思うことはありませんか。と聞いてくる
意図としては、主に3つ考えられます。

  • 志望者が業界に関する理解や洞察を持っているかどうかを確認します。
    業界全体や特定のトレンドについて理解しているかどうか、またそれに対する考え
    や見解を持っているかどうかを知りたい。
  • 志望者が将来的に業界内でどのように貢献できるかを見極めたい。
  • 状況を把握した上で、採用した場合、入社してくれるのか確認したい。

実際に聞いてくる内容としてはこんな質問が多い

  • 現在の業界が○○であることを考えると、そこについて何か特筆すべきこと
    や感じることがありますか。
  • 業界○○について、あなたは何か特に興味深いと思う点や、現状に関する
    ご意見はありますか。

 今私共の会社(業界)○○ですが、それについて何か思いますか。例文を紹介

先日、マスメディアを通じて貴社の一連の事を知り、私も憤慨しております。
しかし、貴社の改善する姿勢と二度とあってはならないという決意に更なる、入社決意を
固めております。
この業界では、技術革新が急速に進んでいますが、それに伴う競争も激化しています。
特に、AIやデータ分析の技術が注目されており、これらを活用することで市場競争力
を高める企業が増えていると感じています。
すでに世間では飽和状態の業界だと言われていますが、将来的には、この業界ではさらなる
イノベーションが起こると期待しています。
それは○○のいような可能性と○○業界とのシナジー効果も期待できるからです。
業界の現状や課題を把握し、新たなアイデアや改善の提案を自分で持っている場合、面接官から、ポジティブな印象となります。質問の切り返しとして「こんなことを考えています」と提案してみてもいいかもしれません

受け答えに悩めば転職のプロにも相談にも相談してみてもいいかも

志望する会社に志望し、思いもよらない質問も受けることがあります。

自分で考えて受け答え集を作成後、悩めば転職のプロに一度相談してみましょう。

更によい言い回しや、表現を沢山もっており、洗練さえた自分だけの受け答え集ができます。
ただ間違っても、担当してくれるエージェントに全てお任せするのはオススメできません。

必ず自分で調べ、考えて、基本となる受け答え集はつくることも転職活動にとって
重要な次のステップになるはずです。

 

タイトルとURLをコピーしました